雑記

【雑感】テレワークを実際やってみて思うこと

全世界で猛威を奮っているコロナウィルスの影響で、外出自粛が叫ばれていますね。

政府からも外出自粛、Stayhome、テレワークのお願いなど連日テレビで報道されています。

 

私の会社も緊急事態宣言を受けて出勤を減らして在宅で仕事をする方向にやっと動き始めました。緊急事態宣言が出る前は通常通りの業務を行っていましたが。

 

ということで、私も世間の流行りにのってテレワークを始めました。

今回はテレワークを実際やってみて、思ったことを色々と書いてみたいと思います。

ちなみにこのブログの執筆時点(4/24)で、テレワーク3日目という感じです。

 

良かったと思った点

まず最初に良かったと思った点ですが、大きなところで以下の4つがあります。

  • 通勤時間の削減
  • 無駄な会話が減った
  • 最高にストレスフリー
  • 在宅フリーランスを疑似体験

 

通勤時間の削減

これは日々思っていたことですが、会社って無駄だらけで、その中のひとつに「通勤時間」があると思っています。

私は以前から通勤時間は可能な限り削減したいという思いから、会社の近く(徒歩15分)に住むようにしています。

会社の同僚の中には、「会社の近くだとイヤ」という謎理論を振りかざして、通勤時間に1時間以上をかけている人もいますが、これは全く理解できません。

 

そこで、今回の在宅ワークでは職場が家の中ですからね、通勤時間が完全にゼロですよね。最高です。

もしこのテレワークを1年間続けた場合、私のケースであれば、単純計算で往復30分×365日=182時間の短縮が出来る訳ですからね。1年が1週間以上延びると考えたらやばいですね。

 

ちなみに話がそれますが、私は徒歩通勤をしているのですが、通勤の際に少しでも時間の有効活用になれるようにと、イヤホンで大好きな両学長のYoutube動画を聞きながら出勤しています。両学長の動画はありがたいことに毎朝7時に投稿をしてくれるので、ちょうど出勤時間に聞くのに最適なんです。

 

無駄な会話が減った

これは私が無駄な会話をするというわけではないです。(むしろ、仕事中ほとんど喋りません)

みなさんの職場にもいませんか?仕事中にどうでもいい、なんの生産性もない話をずっと喋り続ける人。

別に一人で仕事中に何をしようが勝手だと思うのですが、こういう人たちは何故か他人を巻き込もうとして、その人の時間も奪おうとします。

経営者からすると、この迷惑な社員一人のせいで二人分以上の時間損失が出てしまうわけだから、無駄以外の何ものでもありませんよね。

個人的にこれが本当に嫌で、サラリーマンを辞めて個人で仕事をしていきたいと思うようになったきっかけの一つです。

 

今回のテレワークでの良かった点はこういうお喋り大好き社員から離れることができたのは本当に最高でしたね。

おかげで、自分のやりたい仕事に集中ができています。

 

最高にストレスフリー

上記のことと少し被るのですが、一人で好きなように仕事ができるので、ストレスを感じることがほとんどありませんね。(今のところ)

他にも会社には色々とストレスを感じることがありまして。

  • 人が多くて酔う
  • 字が汚い人の文章解読
  • これいる?っていう謎の会議

 

最近、対人恐怖症なのかなっていうぐらいに人がたくさんいるところに行くと気分が悪くなります。表面上は明るく振舞っているので、恐らく周囲の人には全くそうは思われていないでしょうが。

しかも私の会社の場合、私服で通勤をして、会社敷地内にある更衣室で会社の制服に着替えるのですが、この更衣室が人がすごい密集するところで、最高にストレスを感じるところですね。

 

他にも、「字が汚い人の文章の解読」というのも個人的にはものすごいストレスを感じるところです。

私の会社は古い体質の会社で未だに書類文化です。日ごろから私含めて若い社員はペーパーレスになるようにと働きかけていますが、まだまだ紙がないと仕事が回らない状況です。

まあ、100歩譲ってそれはいいのですが、であるならばせめて字はキレイに(もしくは丁寧に)書いて欲しいのが私個人の切実な願望です。

「大人のクセによくこんな字書けるな」っていう人結構いますが、その人たちの字を読むのにすごい時間かかるんですよね。これも本当に無駄だしストレス。

 

あとは無駄な会議。これは説明不要ですね。

 

とりあえず、テレワークを導入することによってここらへんのことが全てなくなったのは、本当に精神的に良かったと思っています。

できることならば、コロナウィルスが終息したあともずっとテレワークが続いて欲しいと思うものです。

 

在宅フリーランスを疑似体験

テレワークを通じて、私が目標としている在宅系フリーランスの過ごし方を疑似体験できたような気がしています。

こんなこと書くと本当のフリーランスに怒られるのかもしれないけど。

 

ちなみにフリーランス疑似体験3日目の感想としては、「めちゃくちゃいい」ということです。

まあ後述するようにデメリットになる部分もあると思うんですけどね。

 

悪かったと思う点

一方で、テレワークをしてみて悪かったなと思った点は

  • 家から全く出なくなる(運動不足になる)
  • 良くも悪くも完全成果主義
  • 家の中は誘惑が多い

 

家から全く出なくなる(運動不足になる)

テレワーク3日目ですが、家の外に出たのは1回だけですね。スーパーに食料を買いに行っただけ。

今までは会社通勤が徒歩だったので、1日に1万歩以上は歩くような生活を送っていたのですが、テレワーク生活になってから1000歩ほどしか歩いていないのではないでしょうか。

ずっとパソコンの前にいます。

 

しかも、ここ数日間本当に寒いので、中々家の外に出ようとも思いません。

でも、天気予報を見ると明日は20℃を超えて晴れるそうなので、久しぶりに近所を散歩でもしてみようかなと計画しています。楽しみです。

 

良くも悪くも完全成果主義

これ悪かった点で挙げていますが、人によっては良い点だと思います。

とりあえず私はテレワークにまだ慣れていないということもあって悪い(難しい)点として挙げています。

 

テレワークをすることによって、仕事のアウトプットがより顕著になるので、完全に成果主義になるなと感じました。

今までは会社での態度とか、挨拶とか、成果とは全く関係ないところでも評価されていた人も、テレワークではそんなの全く関係ありません。

上司、会社から評価される指標が完全にアウトプット(成果物)だけになったので、仕事が出来る人にとってはいいことですし、逆に仕事が出来ない人にとってはマイナスに働きますね。

 

家の中は誘惑が多い

あとは「なんだかんだで家の中は誘惑が多い」という点です。

久々に学生のときの受験時期を思い出しました。

 

以前に比べて、家の中の断捨離が進んできたので、娯楽は少なくなってきましたが、ちょっと気を緩めるとスマホを触っていたり、本の続きが気になって読み始めたり。

学生の頃から全く進歩していないなと痛感しました。

 

これに関しては、テレワークを通じて自分の欲求をコントロールするしかなさそうですね。

 

あとひとつ思ったのは、こういう誘惑があるからフリーランスの人たちはノートPCを持ってスタバに行くのかなぁ、ということです。

スタバに行けば誘惑からはある程度距離を置くことができますもんね、(あと、ノートPCを広げてドヤれますしね←)

 

なんだかんだでテレワークの方が向いている

まだまだテレワーク生活3日目の初心者ですが、今のところはテレワークの方が個人的には向いているなと感じました。

そうはいっても、私の会社も完全にテレワークができる環境にはないので、自宅でできる仕事に限界があるので、まだまだ効率的に仕事がすすめられていないのが現状ですが。

とりあえず思うのは、全国的に今回のテレワーク導入を一時的なものにせず、これをきっかけにテレワークができる環境構築作りに国をあげて取り組んでいってほしいなということです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

かまけん

元アイドルオタクの初心者ブロガーです。アイドルオタクを引退してからの日常をゆる~く書いていきたいと思います。その他にも投資、節約勉強中です!

-雑記
-, ,

Copyright© マネーブロッサム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.