雑記

Apple Watchを1ヶ月使ってみての感想、使用感とか。

2019-11-20

こんにちは、凪です。

今回はApple Watch Series5を購入してから1ヶ月ほどたったので、感想とか使用感について書いていきたいと思います。

ちなみに僕は今回購入したSeris5が初めてのApple Watchで、それまでは時計すらつけないような人でした。手首に何かつけているのが苦手な人なので。

そんな時計嫌い(←言い過ぎな気がするけど)な僕が、Apple Watchを使ってみたらどうだったのか。今までApple Watchを使ったことがないけど、これから購入を検討しようとしている人は是非ご覧ください。

あわせて読みたい
Apple Watch Series5買ってみた

続きを見る

Apple Watchの良かった点

バッテリーの持ち時間が意外と長い

Apple Watchを使ったことがない人が一番気にするところではないでしょうか。自分も購入前はここを一番気にしていました。

まず結論から言うと、全然心配いらない!

普通に使っていれば、1日使っている中でバッテリーがなくなることはまずないと思います。

ちなみに自分の使い方だと、朝7時頃から着用して、日中はiphoneの音楽コントローラーとしてそこそこ使って、そこそこの通知もありつつ、夜の19時に帰宅してもバッテリー残量が60~70%程度です。

一度、充電器を持たずに一泊の旅行に出ることもありましたが、特に問題なく2日間は使用することが出来ました。

もし長期で充電が出来ず、バッテリーの残量が気になるようでしたら、『省電力モード』もあるので、よっぽどのことがない限りは大丈夫かと思います。

スポンサーリンク

アラーム機能がめちゃくちゃ便利

購入したときの記事では『アラーム機能が地味に便利』なんて書きましたが、全然そんなことはありませんでした。

めちゃくちゃ便利です!!

僕が実際にアラーム機能があって便利だと思った状況は以下の通りです。

  • 電車の乗り換えタイミングでのアラーム
  • 仕事の打ち合わせ前のアラーム
  • 友人が寝ている横で先に起きる必要があるときのアラーム

いずれも『音』を鳴らすことが出来ない状況なので、Apple Watchのバイブでのアラームは非常に助かりました。

スマホでも同じようにバイブでのアラームはできますが、やはり素肌に密着しているApple Watchのバイブの方が圧倒的に気が付きやすいです。

Apple Watchで一番便利だと思った機能かもしれません。

キャッシュレス支払いがめちゃくちゃ便利

キャッシュレス決済についてはまだまだ対応しているものは少ないものの、『わざわざスマホを取り出す』というひと手間がなくなり、非常に便利だと感じました。

ちなみに今のところ使えるキャッシュレス決済はApple Pay(QUICPay、ID、Suica)とPayPayぐらいでしょうか。

Apple Payが手軽に使えるのは非常に便利ですね。顔認証もいらないのでマスクをしていても使えます!

一方でQRコード決済についてはまだ使えるのがPayPayぐらいなのですが、恐らくこれからどんどん色んなキャッシュレス決済も対応すると思います。(楽天ペイ待ってます!)

Apple Watchの悪かった点

シャツの袖がApple Watchの隙間に入るとロック状態になる

 

最近寒くなって長袖を着る機会が増えたので気が付きましたが、Apple Watchの隙間にシャツの袖が入ると、Apple Watchが手首から外されたと勘違いしてロックされた状態になってしまいます。

こればっかりは仕方がないのかもしれないのですが、この状態だと通知も届きません。

対策としては、Apple Watchのバンドをきつく締めればいいのかもしれませんが、手首を締め付けられる感じが嫌いな自分としてはゆったりつけたい派なので、長袖を着る冬場はある程度諦めるしかなさそうです。もし何かいい対策方法を知っている人がいれば教えてください。

オフライン再生はAirPodsがないと不便(なくても十分使えるけど)

購入時の記事で『iphoneが無くてもオフラインで音楽再生が可能。ただし、AirPodsがないと切替が面倒。』と書きました。

確かにAirPodsが無くても手動で切り替えをすれば、Apple Watchだけでの再生は可能ですが、この手動での切り替えがとても面倒くさい。毎回わざわざBluetoothのペアリングをするのはちょっとね・・・。

ってことで、今回Apple Watchの購入を機にAirPods Proを購入しました!(いずれこのAirPods Proの記事も書きたいと思います。)

これさえあれば鬼に金棒めちゃくちゃ便利。笑

Siriの『手首をあげて話す』が全然機能しない

購入前のYoutuberの方のレビューを見ていたら、手首を上げてApple Watchに話しかけるだけでSiriを起動することが出来ていたのですが、いざ自分がやってみても全然反応しない・・・、

自分の手首の角度がApple Watchの気分に合わないのかは分かりませんが、とにかく全然反応しない。(`ε´*)

30回に1回ぐらいは反応することもあるのですが、街中でこれを一人でやるのはさすがにきつすぎますね・・・笑

その代わり、デジタルクラウンを長押しすれば同じようにSiriを使うことはできますので、まあ致命的な不満とまではいかないです。

左手につけると、改札の読み取り機が逆・・・

モバイルSuicaはめちゃくちゃ便利なのですが、左手にApple Watchを付けているとどうしても読み取り機が逆になるので、体をひねる形で手を伸ばさなきゃいけません。

右手につければ解決するのかもしれませんが、個人的には時計は左手なので。

いずれ、改札の読み取り機が両側に設置されることを祈ります。

最後に

実際に使用しないと悪いところっていうのは見えてきませんが、今のところはそれを差し置いても『便利』の方が勝っているかなと思っています。

また個人的には将来的にはスマートウォッチが生活必需品になるかなと思っているので、今のうちから使っておくのもいいのかなと思います。

他にも気が付いたことがあればどんどん更新していこうと思っています!

では、また。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

かまけん

元アイドルオタクの初心者ブロガーです。アイドルオタクを引退してからの日常をゆる~く書いていきたいと思います。その他にも投資、節約勉強中です!

-雑記

Copyright© マネーブロッサム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.